株式会社Qukuriエンジニア採用サイトロゴ
株式会社Qukuriエンジニア採用サイト

くくりブログ

Appleの「Vision Pro」って何?

どうも穴澤です。
先日のWWDCにてAppleが発表したXR HMD「Vision Pro」について社内でも話題になりました。
その時、「これはVRなの?ARなの?」という疑問になり考えてみました。

そもそも○Rとか何?

「○○○ Reality」の略です。

Virtual Reality(VR)

バーチャル・リアリティ(英: virtual reality)とは、コンピューターによって創り出された仮想的な空間などを現実であるかのように疑似体験できる仕組み。
コンピューターによって提供される感覚刺激 (視覚像や音など) を通じて体験される人工的な環境であり、環境内で起こることを人の行動により部分的に決定することができるもの。
略語はVR。日本語では「仮想現実」と訳される。

Augmented Reality(AR)

拡張現実(かくちょうげんじつ、英: Augmented Reality、オーグメンテッド・リアリティ、AR)とは、現実世界に仮想世界を重ね合わせて表示する技術を指す言葉。エクステンデッド・リアリティ(XR)と呼ばれる先端技術の一つである。
現実の風景の中にCGでつくられた3D映像やキャラクターなどのデジタルコンテンツやデータを重ねて表示することで現実世界を"拡張"する。
専用のヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)を用いる方法、あるいはスマートフォンのカメラとディスプレイを使って重ね合わせる方法などがある。

Mixed Reality(MR)

複合現実(ふくごうげんじつ、英語: mixed reality、ミクスト・リアリティ、MR)とは、現実世界と仮想世界を複合・融合させ、相互にリアルタイムで影響し合う空間を構築する技術を指す言葉。エクステンデッド・リアリティ(XR)と呼ばれる先端技術の一つである。
ユーザーを仮想世界に没入させる仮想現実(VR)と現実世界にバーチャルな情報を表示する拡張現実(AR)の両方を合わせたような特徴を持ち、仮想世界と現実世界の情報を同時にユーザーに提供することで、現実空間で仮想の体験をすることや、遠隔地などから仮想空間を通して現実空間の人物とリアルなコミュニケーションを取ることを可能にする。
VRやARが人間の入力したデータをコンピュータ処理してディスプレイへ表示するまでを基本的な仕組みとするのに対し、MRはセンサーやカメラにより現実空間の位置関係を把握し、それに即した処理を可能にする。

※「XR(クロスリアリティ)」とはVR、AR、MRといった技術の総称です。
※VRやAR以外にも「SR」という技術もありますが、今回は置いときます。

結局「Vision Pro」は○Rなの?

結論から言うと「AR」です。
パススルーカメラを使って仮想と現実が融合した画像を見る仕組みです。
目元のつまみで没入度を操作できるらしく、「VR」にもなりそうです。

しかし、AppleはVRやARといったワードは使わず「空間コンピュータ」と発表しています。

最後に

新たなデバイスが出てきてめちゃめちゃ楽しみです。
アイトラッキングやコントローラーいらずなど、興味はまだまだ尽きません。
今後体験することがあれば、また記事にしたいと思います。