くくりブログ

『ドデリド』で頭を使い、瞬発力を鍛えた

ドデリドプレイ画像

こんにちは、今回は定時後に同僚と一緒に遊んだカードゲーム『ドデリド』についてお話しします。
今回の参加者は2名のエンジニアと、技術マニア営業の3名です。
プログラムを組み立てるためには頭の回転が速く、瞬発力が必要です。
そのようなチームメンバーにとって、このゲームは理想的な訓練となりました。しらんけど。

ドデリドとは

『ドデリド』とは、シンプルなカードゲームの名前です。
ルールは以下の通りです。
・カードに色と動物の絵柄が描かれている。
・色または動物の種類が2:1または3:0になったら、その色または動物を宣言します。
・色も動物も2:1または3:0になった場合は「ドデリド」といいます。
・カメが出ていたら、その数だけまず「オ~」と言わなければなりません。
・ワニが出てきたら素早く自分の山札に手を置いてかばう必要があります。

私たちは3人でプレイしました。
最初はルールの確認とともにスタート。慣れるまで時間がかかりましたが、プレイするうちにコツを掴み、一回目から盛り上がりました。

バトル

ラウンド中は、とにかく慌てました。少々のバグやクレームでは慌てない今回のメンバーもグダグダ。
フラミンゴをツルと言ってしまったり、ラクダを「えっと、あの、えっとコブ!」と言ってしまったり…
日ごろの仕事とはまた一味ちがった緊張感がありました
また、ワニが出た時の瞬発力勝負には明確な加齢による差が発生。
最年長のおじさんが悔しさのあまり前のめりになってワニ勝負に賭けてみたり、ピリピリ?するシーンもありました。
しかし、そこから逆転するチャンスが生まれ、とても面白かったです。

リフレッシュした。

このゲームをプレイすることで、私たちは頭の回転と瞬発力を鍛えることができました。
また、同僚と一緒に楽しめたことも良かったです。
一緒に遊んでいるときは、仕事のことを忘れてリフレッシュできました。

画像はその時の様子です。オッサンらの楽しそうな雰囲気が伝わると思います。
IT業界の方々には、是非おすすめしたいゲームです。
是非一度プレイしてみてください!