くくりブログ

穴澤3Dスキャン

ダンスVRを作る③

VRアプリをつくる

3DオブジェクトとモーションデータをUnityに取り込む

前回は3Dモデリングツール「Blender」の中で3Dオブジェクトが踊っていましたが、これをVRにするために3Dゲーム開発ツール「Unity」に取り込んでいきます。
まず、3Dオブジェクトの取り込みから。ここでファイル形式を.blendから.fbxに変更したり、カメラや照明のオブジェクトを削除、UnityのRigに変更する等の作業が必要になります。
続いて、ダンスモーションを取り込みます。
一旦、PerfumeのfbxファイルをそのままUnityにインポートします。そこに入ってきたAnimationClipを使ってAnimationControllerを作成します。最後は取り込んだ3Dオブジェクトの「Animator」の「コントローラー」に作成したAnimationControllerをセットすれば完成。
参考はこちら

UnityのプロジェクトをOculusQuest2用に設定する

これでUnity上で3Dオブジェクトが踊るようになりました。ここからはVRデバイスでプレイできるように変えていきます。細かい説明は省きますが、流れとしては以下の通りです。

  • Oculus Integrationをインポートする
  • プラットフォームをAndroidにする
  • テクスチャの圧縮方式をASTCにする
  • カラー空間をリニアにする
  • グラフィックスAPIからVulkanを削除する
  • XRプラグインマネジメントを有効化する
  • Oculus/VR/Prefabs/OVRCameraRig プレハブをシーンに配置する

できたシーンを選択してビルド。作られたapkファイルをOculus Questに入れたら完成!

予想以上に気持ち悪い

オブジェクトを配置して、動きを加えて、VR用の設定をする。たったそれだけです。
スマホでスキャンした3Dオブジェクトが眼の前でPerfumeのクオリティで踊る。そんなものをほんの数時間で作成出来る時代になりました。
本当に技術の進歩はすごいです。
そして、気持ち悪いです。

そして完成した動画がこれ↓
ややタイミングがずれているのは見逃してください。