くくりブログ

噂の「Threads」を使ってみた

threadsロゴ

どうも穴澤です。

日本時間で2023/07/06 午前8時前後にInstagram社から「Threads」がリリースされました。

さっそくアプリをインストールしてみましょう!

ストアからインストールする

threadsアイコン

左のアイコンを目印にアプリをストアからインストールします。

ios、andoroidどちらもアプリがリリースされているのですが、今回はios(iphone)にインストールしてみます。

アカウントの設定をする

Qukuriエンジニア求人threadsを使ってみた

Instagramアカウントでログインするようです。

すでにアカウントが存在しているので、すぐにログイン出来そうです。

プロフィールの設定をする

threadsプロフィール画面2

Instagramのプロフィールを利用できそうなボタンがあります。

「Instagramからインポート」を押してみましょう。

threadsプロフィール画面

簡単に設定してくれました。

アイコンもInstagramと同じものが設定されました。

 

※ちなみに弊社のInstagramはこちらです。

プライバシー設定をする

threadsプライバシー設定画面

公開非公開を選択できるようです。

仲間内だけで楽しみたい場合は、非公開を選択したら良いですね。

今回私は「公開」を選択しました。

初期フォローの設定をする

threads_Instagramと同じアカウントをフォローしますか

Instagramでフォローしており、すでに「Threads」の利用者が出てくるようです。

1人いましたが、今回はスルーします。

「次へ」を選択します。

最後にしくみを教えてくれる

threadsのしくみ

いろいろ書かれていますが、気になったのは「フェディバース」です。

SNS・ミニブログ・ブログ等を含むWebサイトの公開やファイルホスティングを行う、独立性を保ったまま相互接続されたサーバー群のことを指す。
Wikiより

MastodonやDrupal、Tumblrまで繋がってしまう!?
SNSがどうなっていくのか楽しみです。

通知の設定をする

threads通知許可画面

通知を許可するか選択します。

きっとこれで使えるハズ!

threadsタイムライン

きたー!

ちょこっと使ってみて

Twitterとの違いを感じながら操作してみて、分かったことをズラリと並べてみました。

  • 投稿文字数が500文字まで
  • 写真を1度に10枚までの投稿が可能
  •  動画は最長5分までの投稿が可能
  • Web版がない
  • ハッシュタグ機能がない
  • Twitterのおすすめのような機能がない
  • 投稿の検索機能がない(※ユーザーの検索は可能)
  • Instagramとの使い分けがわからない

まだ出始めたとこなので、もう少し遊んでみようと思います。