くくりブログ

エンジニアのリファラル採用あひる

総額50万円! Qukuriの社員紹介制度(リファラル採用)

近年、IT業界ではエンジニアの採用が厳しくなっています。
当社でも、求人媒体を選んだり、動画を作成したり、SNSに投稿したり、いろいろな取り組みをしていますが、なかなか思うように採用が進みません。
そんな中、当社が力を入れているのが社員紹介制度(リファラル採用)です。

社員紹介(リファラル採用)とは

社員紹介制度とは、社員から友人や知人を自社に紹介してもらう採用手法です。
社員紹介制度には、いくつかのメリットがあります。

  • 自社の社員が紹介してくれる人材は、会社の文化や風土に合っている可能性が高くなります。
  • 自社の社員と面識のある人材なので、ミスマッチが起こりにくいです。
  • 採用コストを削減することができます。

ただし、社員紹介制度にはデメリットもあります。

  • 紹介してくれる社員の数が少ないこと。
  • 紹介された人材が必ずしも優秀であるとは限らないこと。

当社では、社員紹介制度を積極的に活用しています。
上記のようなメリットがある上に、紹介してもらえるように魅力的な会社づくりを行うモチベーションにもなるためです。
当社の社員紹介制度では、エンジニアとしての実務経験を1年以上有し、満年齢が40歳未満の方の紹介に対して、紹介者に20万円、被紹介者に30万円を支給しています。
実際に当社に所属する30代前半のエンジニアが、大学時代の同級生を誘い、入社しています。
入社当初、実務での経験不足を紹介者がカバーし、いまではなくてはならない戦力となっています。

制度とエンジニアライフの向上

社員紹介制度は、当社の創業の想いとしてエンジニアライフの向上を掲げた活動と、待遇やスキルの壁にぶつかっているエンジニアを積極的に採用すると言う方針に合致しています。
当社では、エンジニアの待遇低下を避けるため、高額なコストを掛けて採用活動をおこなっておりません。
事業の急速な拡大よりも、いまいるエンジニアの待遇を優先しています。
そのため、大々的な採用広告を出したりすることはありませんが、自社サイトやハローワーク、社員紹介制度(リファラル採用)により、少しずつエンジニアを増やしています。
そうした活動にご理解いただける方に、ぜひ興味を持っていただきたいと考えています。

社員紹介制度

社員紹介制度 創設の背景

深刻なエンジニア不足の状況下、より信頼性の高い増員手段として、社員紹介制度(リファラル採用)を創設しました。

紹介フロー

  1. 紹介者が被紹介者に会社説明を行う
  2. 採用担当者が被紹介者の面接を行う
  3. 双方問題なければ採用

対象者

システム開発の実務経験を1年以上有する者で、満年齢が40歳未満の者。

紹介料

紹介料は、総額で紹介者に20万円、被紹介者に30万円を支給する。

支給時期

紹介者:被紹介者の入社から6ヶ月目の給料日に20万円を支給
被紹介者:入社日に入社祝い金として10万円を支給、入社から6ヶ月目の給料日に20万円を支給

ただし、支給日までに退職した場合は紹介者・被紹介者ともに紹介料を支給しない